東大駒場リサーチキャンパス公開2018
6月8日(金)開催分
  • :講演者等  :日時  :会場 
産産学学の新しい形のコンソーシアム形成と自動車排ガス浄化ゼオライト触媒システムの共同研究
生産技術研究所 小倉 賢 教授
13:00~13:50
生産技術研究所 An棟2階コンベンションホール

世界的トップダウン課題のCO2排出削減に対し、より燃焼効率の高いディーゼルエンジンに焦眉の課題となるのが排ガス後処理です。その対策として、日本のOEM9社が発足させた研究共同組合AICE(主に機械系研究・実務者)に、演者をはじめ6大学に渉る化学系研究者がパートナーとして 研究に加わることとなりました。 ミッションは、尿素(アンモニア)還元剤によるNOx選択還元触媒に利用されるゼオライトの開発向上に資するボトムアップ研究です。まず本所に「スーパーゼオライト」チームを主宰し、研究計画策定時の「モノを残す」目標に対して、最終的な成果を形にすることができたのか。また、化学と機械との橋渡しがなったのか。本講演では、第1期3年を振り返り、次に何が課題として残されたか(第2期研究)を概説します。

ポスト「京」時代におけるシミュレーションとものづくり
生産技術研究所 加藤 千幸 教授
14:00~14:50
生産技術研究所 An棟2階コンベンションホール

次期フラッグシップ計算機ポスト「京」の開発は順調に進められており、早ければ2021年度から本格運用が開始される予定です。ポスト「京」時代にはアプリケーションの実行速度が「京」の最大100倍程度に高速化されることが期待されており、多くの先端的アプリケーションの実用化が進展することが期待されています。また、実用化を加速するために、ポスト「京」重点課題⑧では、アプリケーションの機能向上や高速化の実現のための研究開発を鋭意進めています。本講演では開発を進めている主要なアプリケーションの最新の成果を紹介するとともに、3年後のものづくりとシミュレーションとの関係を展望します。

計測・情報科学をもちいた新しい生命科学の潮流
先端科学技術研究センター 
    ロボティック生命光学分野 太田 禎生 准教授
    代謝医学分野 松村 欣宏 准教授
    ニュートリオミクス・腫瘍学分野  大澤 毅 特任准教授
    臨床エピジェネティクス寄附研究部門  丸茂 丈史 特任准教授
    システム生物医学分野  山下 雄史 特任准教授
    生命データサイエンス分野  上田 宏生 講師
    ゲノムサイエンス分野  野村 征太郎 協力研究員
    合成生物学分野 石黒 宗 交流研究生
14:00~17:00
先端科学技術研究センター 3号館南棟1階ENEOSホール

私たちの体は、生まれてから死ぬまでたえず変化し続けます。生命情報科学は生体内で起こっていることを観察し、そのしくみを理解することで、医学や健康へと応用できる学問です。バイオの最先端の計測、計算、解析技術をもちいて、がん、代謝、ドラッグデザインに迫る研究について紹介します。

» 講演案内ポスターへのリンク(PDF:1.4MB)

バリアフリーと当事者研究の対話
先端科学技術研究センター 福島研究室・熊谷研究室
14:00~17:00
先端科学技術研究センター 4号館2階講堂

少数派の心身を変えるのではなく、社会環境のバリアを除去すべきだとする「バリアフリー」と、自己のありようや自己ニーズに対する無知の知から出発する「当事者研究」という2つの実践は、一見すると矛盾するかに見える理念や方法が存在しています。バリアフリーの実践・研究に関わってきた福島と、当事者研究の実践・研究に関わってきた熊谷に加え、多彩なゲストを交えて、両者が緊張感をはらみつつも合流する未来について構想します。

日本の国際競争力再生への途 2つの新研究領域の進展
主催:一般財団法人生産技術研究奨励会
  共催:東京大学生産技術研究所
14:00~17:00
生産技術研究所 An棟3階大会議室

東京大学生産技術研究所の支援財団である生産技術研究奨励会の研究助成を受けた新研究領域についての講演会

ご挨拶  一般財団法人生産技術研究奨励会 小林 敏雄 理事長
     東京大学生産技術研究所     岸  利治 所長
講演「ピーカンナッツによる我が国の農業再生及び地方創生」
     生産技術研究所 沖 一雄 特任准教授、巻 俊宏 准教授
講演「災害対応トレーニングセンターは、防災産業をどのように変革するか」
     生産技術研究所 沼田 宗純 講師

Topへ

6月9日(土)開催分
  • :講演者等  :日時  :会場 
シンポジウム「気候変動影響の適応への道筋」
主催:環境研究総合推進費 戦略研究プロジェクトS-14
  共催:東京大学生産技術研究所
10:00~12:00
生産技術研究所 An棟2階コンベンションホール

平成27年度よりスタートした環境研究総合推進費(S-14)における取り組みを交えて、「気候変動影響の適応への道筋」について、幅広い層の人々への周知を目的にシンポジウムを行います。

芝浦工業大学 平林 由希子 教授
先端科学技術研究センター 杉山 正和 教授
東京都市大学 伊坪 徳宏 教授
東京大学大学院新領域創成科学研究科 井原 智彦 准教授

聞こえない、聞こえにくい人への教育支援の新しい動き
先端科学技術研究センター 福島研究室/トライアングル金山記念財団
11:00~12:30
先端科学技術研究センター 3号館南棟2階253号室

「ろう児の放課後学習支援あ~とん塾の試み」「デフリンピックサッカー日本代表の活躍」「群馬大学における、学術手話通訳養成プロジェクトの立ち上げ」「難聴小学生から見た補聴器について」などの内容でパネリストに話していただき、障がい当事者による、聞こえない、聞こえにくい人への、教育支援の動向を探ります。(手話通訳・文字通訳付き)

光と物質の深~い関係:その制御と活用
生産技術研究所 岩本 敏 准教授
13:00~13:50
生産技術研究所 An棟2階コンベンションホール

我々は日常生活の多くの場面で光を利用しています。それを可能にしているのは、光と物質が相互作用するためです。講演では、厳密性はちょっと忘れてイメージを重視して、その重要性と面白さをお伝えしたいと思います。また、この相互作用という舞台の主役の一人である光に焦点をあて、その振る舞いを先端技術で制御することにより拓かれる新たな可能性についても紹介します。

政治寄席2018スペシャル
先端科学技術研究センター
    牧原 出 教授、池内 恵 准教授、御厨 貴 客員教授
    (スペシャルゲスト)東京工業大学 西田 亮介 准教授
13:00~14:45
先端科学技術研究センター 3号館南棟1階ENEOSホール

今、最も知りたい政治、国際政治について、論争的に語る100分。先端研政治学の妙技を披露します。

先端研×地方創生セミナー ~大学と地域が連携して目指す「未来」と「社会」~
先端科学技術研究センター 近藤 武夫 准教授、檜山 敦 講師
15:15~17:00
先端科学技術研究センター 3号館南棟1階ENEOSホール

「地方創生」「一億総活躍社会」「働き方改革」が叫ばれる昨今、これからの地方・日本を元気にするには、障害者や高齢者を含めた多様な人々の社会参加や活躍が不可欠です。本セミナーでは、ICTの活用や新しい雇用システムによる「新しい働き方と社会参加」について、自治体や企業と連携して研究を進める2名の若手研究者が熱く語ります。